5 MERITS

マンション経営の5つのメリット

01

ゆとりある老後の為にも安定した不労所得があると安心です

安心した老後生活を送ることが難しくなってきている今、ゆとりある老後を送るためのマンション経営が注目されています。

ゆとりある老後の生活費には34.9万円必要。老後の最低日常生活費22万円から不足分はマンション経営(家賃収入)でまかなうグラフの比較

02

不動産所得で確定申告する事で節税につながります

マンション経営による家賃収入を確定申告することで所得税の還付や住民税が減額されるため、節税につながります。

同じ年収800万円でも家賃収入が200万円ある場合はない場合に比べて減税額が約40万になる比較

03

少ない資金で高い収益を得ることができます

銀行融資を上手に活用し「レバレッジ効果」により実際に使ったお金以上の収益を得ることができ、より積極的に買い進めることが可能です。

同じ自己資金1,000万円の場合でも銀行から4,000万円融資を受けた人はレバレッジ効果により高い収益を上げる比較図

04

マンション経営はインフレ対策に有効です

インフレになると現金の価値は下がりますが、マンションの資産価値や家賃は上昇する傾向にあります。よって、マンション経営は、中・長期的に見て安定した資産運用といえます。

インフレが起きると現金が目減り、一方家賃は上昇する図

05

もしものとき…家族の今後を守ります

団体信用生命保険はオーナ一様が死亡または高度障害になったときに、収益マンションの支払いが免除される保険で、もしものときにご家族の方へ資産(収益マンション)とその後の家賃収入を遺すことができます。

オーナー様にもしもの時があってもご家族の方へローン支払い免除など保険が適用されるグラフ